04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

住宅展示場へ

2008/06/04
おうちを建てる・・といえば住宅展示場♪と、昨年末に初めて足を運びました。
同行者は母です。

とりあえず興味のあるところから・・・でも無垢がいいって聞いたな。

そう思いつつ、まず入ったのはSハウスでした。
キーワードは北欧w

初めての展示場は広くてステキでキラキラしていました。
軽く説明を受けました。何の知識もない私は、「ほほぅ」と頷くのみ。

疑問に思うことがないので、質問もできません♪
ただ、母がそこの方にお約束の坪単価を聞くと、にっこり「70万円からです」と・・・。

田舎ですので、延床40坪くらいで考えていた私は

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

この頃、家に対する予算さえよく解らなかったので、「ここは無理」と思ったのでした。



年が明けてお正月、大きさとしては工務店<S建設<ハウスメーカーという、和風建築を得意とするS建設にマリブくんと足を運びました。
この時は、無垢材に惹かれつつあったので、国産無垢を使うところの説明を聞いてみたかったのです。

この時は、事務がメイン?の女性しかいなかったので、後日店長というセールスと話をしました。
なかなか時間の合わない私たち夫婦、息子を預けて3時間程ざっと話を聞きました。

私たちの目に、その営業さんはとても情熱的に思えたし、少なくとも「ここで一度プランまで話をしてみたい」とまで思いました。

で・も~( >ε<)

待てど暮らせど、その後ひと月以上向こうから何の音沙汰もありませんでした。
携帯の電話番号も教えてあるのに?
お礼状や次回の案内もない・・・。

過去に営業職を経験した私からすると、この仕打ち(大袈裟?)はヒドイなぁ、と憤慨した覚えがあります。

原因を考えてみたけれど、思い当たることといえば、
「ご予算は?」と聞かれたときに答えた額が、今思えば「そりゃ無理でしょ」という額だったかな、と。
あとは、市街化調整区域で分筆も農地転用も必要な土地だということが、面倒だったからか?


結局、半年程経った今も、そこからの連絡はそっけないDM1通のみ。
ご縁がなかったということですね・・・。

たとえ今!!
何か言ってきたとしても、もうこちらから願い下げですからッ!
というくらい悪い印象となったのでした。

でもね、その過去(これまた大袈裟)があるから、今の工務店さんと出会ってこんな短い期間で契約に至れたのだと思ってますよ♪

スポンサーサイト
02:53 ビルダー選び | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。